スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主治医と化学療法について話す前に読む本

●日本乳癌学会 編「科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン[1]薬物療法」(金原出版)¥3,600

乳腺外科の看護師に治療について相談した時に、本書をめくりながら対応してくれた。

臨床的問題(クリニカルクエスチョン;CQ)に対するショートセンテンスの回答と推奨レベル、そして詳しい解説が2ページ程度続くという構成は、医療関係者でなくても読みやすい。

但し、44のCQでこの分野の情報が網羅できているとは思えないので、読み終えたときに「本書には触れられていない情報も追加で勉強したいなぁ」という素朴な感想を抱いた。


●中村清吾 監修/中野絵里子 編著「乳癌薬物療法ポケットブック」(中外医学社)¥1,900

おそらく乳腺外科の初任医師や看護師・薬剤師といったコメディカルを読者として想定した本だろう。

白衣のポケットに収まるサイズなので、わたしのスーツのポケットには収まらないが、コートのポケットには入る。

内容は乳癌薬物療法について広く浅く纏められている。

「浅く」ということは、わたしのような患者の家族にも抵抗感なく読めるということ。

そして、反面、正確な意味が分からないワードが多く出てくるということ。(想定する読者;医療関係者なら当然に知っていると整理したのか、コンパクト化の為に割り切ったのか・・・)

しかし、文脈から勝手に予想(または飛ばして)読む分には問題ないし、読み終えて消化不良な感じは全くしなかった。


●濱口恵子・本山清美 編「がん化学療法ケアガイド」(中山書店)¥2,600

術後化学療法が外来を中心に行われている以上、同居する家族も副作用の予防・早期発見のための勉強をしておこうと思って読んだ本。

患者や患者の家族が知らなくても良い内容(例:抗がん剤の血管外漏出時の対応 等)もあるものの、看護師として為すべき患者教育について多く触れられており、これらは治療を受ける患者の家族が読んでも意義深いと思う。

また、正体不明の副作用に苛まされるよりは、起こりうる副作用、そのメカニズムと対応方法について医学的に理解しておくことも意味があると思う。

但し、起こるかもしれないし、起こらないかもしれない副作用について知ってしまうことになるので、「ネガティブな情報には耳を塞いでおいて、直面して初めて対処したい」というタイプの人には向かないだろう。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。