スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術日の出来事(術前編)

6時45分 体温・血圧チェック

起床後、館内を散歩して緊張を紛らわす。


9時00分 今日の担当看護士挨拶


妻は緊張と恐怖から逃れる為、手術室に呼ばれるまで眠ろうと必死だった。


9時40分 手術着に着替えて点滴(ソリューゲンF)開始


10時30分 いよいよ手術室へ!

しかし前の患者さんの手術が長引いていて、病室に戻らされる。

手術室への道のりが最も緊張するのに、これを2回もやらせるな!と思ったが、関係者がみんな平謝りなので怒りはあまり大きくならなかった。


11時10分 仕切り直しで再度、病室を出発

1回目よりも更に怖がっている妻の左手を握りながら移動した。


11時12分 手術室へ向かう途中、既に手術が始まっているものと思って面会用ロビーで待機していた妻の両親と偶然会う。

わたしも緊張していたせいか、挨拶もそこそこに「急に予定が変更になりまして…これから行ってきます」と言い残して手術室のあるフロアへ移動した。


11時14分 満面の笑みで「行ってきま~す!」と大きく手を振りながら手術室に入室する妻を見送って病棟へ戻る。


11時20分 ロビーにいた妻の両親を病室に案内

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

暁に祈る




朝の空気を吸って歩きたかったので、いつも利用している病院最寄りの地下鉄駅ではなく、少し離れたJRの駅に降り立つ。

東の空が白く輝き出している。

間もなく6時だ。

妻が目を覚ます時にはベッドサイドにいたいと思っていたが、体温・血圧チェックが6時なのでちょうで良い。

今日の手術で悪いモノ全て取りきれ、かつ、何事もなく無事に手術が終わるよう祈りながら病院へ向かっている。

写真は駅から病院へ向かう途中で写したもの。

東の空に日が昇るさまも、撮影場所が「万年橋」の上というのも、縁起が良い。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 心と身体

着々と準備は進む

今日の午後の出来事を時系列で記す。


13時00分:マッピング

超音波室から出てきた妻は真っ青な顔をして黙り込んでいた。

病室に戻って話を聞くと、マッピングの範囲がマンモトーム生検のときに比べて大きくなったと言う。

「しこりが大きくなってしまったか」と心配になったが、実際に見てみると、マジックで描かれた輪の大きさに変わりはない。

よかった・・・


13時55分:薬の説明

薬剤師が病室に来て、入院中に使う薬について説明してくれた。

セファゾリン ― 術後の感染予防の為の抗生物質
カロナール ― お馴染みの鎮痛剤
ペンタジン ― 痛みを和らげる点滴薬


15時00分:主治医診察

明日の執刀をしてくださるY先生が病室に来て診察。

乳輪に沿ってメスを入れるか、乳房下縁にそってメスを入れるか決めていなかったが、この場で乳輪に沿って切ることに決定。

こちらから切った方が切除した部分に他の部分の脂肪を詰めやすいらしい。


17時10分:明日の流れに関する説明

手術前後の過ごし方についてレクチャー。

途中で担当のM先生が来訪。


17時15分:2度目の診察

特に何をするわけでもなく、触診と手術の説明を5分程度受けた。


18時00分:麻酔の説明

麻酔医2名が登場。

1人は20歳台前半の研修医風(女性)。もう一人は年齢不詳だが、たぶん30歳台の指導員風(男性)。

アレルギーや病歴について聞かれた後、麻酔のリスクについて一通り説明を受けた。


18時20分:夕食

2010111805.jpg

・白菜のスープ煮
・カリフラワーのレモン風味サラダ
・豚ソテー マスタードソース
・清汁


19時00分:入浴(シャワーのみ)

病室内の狭いシャワーに妻と一緒に入った。

シャンプーをしてあげた後、切除する左胸を含めて上半身を洗ってあげた。

左胸にお別れのキスをしたら、昨晩と違って、しんみりしてきた。


20時30分:喫茶

入浴後、暑くて汗が噴き出してきたので、病院内のスターバックスに行って冷たい飲み物を買った。

まだ20時半なのに、病院内を歩いていると、もう深夜になっているような感じがする。

これは早い夕食のせいか、病院独特の静かな雰囲気のせいか。

部屋でコーヒー飲みながらおしゃべりしていると看護士が睡眠薬を持って来てくれた。


21時00分:就寝

妻が寝付いたら帰ろうと思っていたが、わたしが先にベッドサイドの椅子で寝てしまった。

ハッ!と気付くと妻も寝息をたてていたが、グッスリ眠れている感じではなく、帰り際に起きてしまった。

「おやすみなさい。」と告げて病院を出たのが22時24分。


いよいよ明日は手術だ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 心と身体

いよいよ入院

いよいよ今日から入院だ。

わたしは今日から25日まで休暇を取得しているので、終日、妻に付き添った。


9時30分、病院に到着し、先ず入院手続き。

書類と預け金を提出し、病室へ案内してもらう。

部屋への案内や室内の説明の様はまるでシティホテルのチェックインさながらであった。

さすがホスピタリティの高さを売りにした病院なので、もしかしたら一流ホテルや航空会社のホスピタリティ研修を従業員に受けさせているかもしれない。

妻がどう思っているか分からないが、病室の居住性もなかなかのものだと思う。

(病室に関しては別途、コメントしよう。)


昼食から食事が出る。

妻が携帯電話で食事を撮影。

妻は自身と同じ病気の方々のブログをよく読んでいるのだが、入院中の食事が載ってることが多いので、このブログにも載せて欲しくて写真を撮ったとのこと。

妻の期待に応えるべく、以下に今日の昼食を記す。
2010111801.jpg
・太刀魚の塩焼き 大根おろし付き
・車麩と野菜の炒め煮
・酢の物
・牛乳

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 心と身体

意外としんみりしない入院前夜

早く会社を出た日によく利用する東京駅地下の「GRANSTA」で夕食を調達し20時に帰宅。

「日本ばし 大増」の松茸御飯の弁当
「浅草 今半」のすき焼き弁当
「鳥麻」の焼鳥
「BUZZ SEARCH」のWフルーツタルトとミルクレープタルト

20101117.jpg



食事の後は明日の準備。

妻が必要なものを全てリビングに並べて用意しておいてくれたので、二人で一緒に「入院のしおり」を確認しながら旅行バッグに詰めていく。


その後、バブルバスを仕立てて妻と入浴。

左胸とのお別れの儀式でしんみりするかと思いきや、病気に関してお互いに勉強したことの知識交換や、セカンドオピニオン賛否に関する激しい議論となった。

妻は、病院との信頼関係崩壊や医師の心証を害することを理由に反対。

わたしは、必要があれば専門家の見解を得る方法として積極的に活用すべきとの意見。

積極的に意見をぶつけ合いながらも口喧嘩にならない関係を妻と築くことが出来ている点、わたしは幸せ者だ。

そして、討論の相手になってくれる妻に感謝している。


さて、明日は6時半に起きて病院へ行かなくてはいけない。

そろそろ寝るとするか。

先週から5時台起床・24時以降の帰宅だったので、薄情なようだが今夜はよく眠れそうだ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。